このソリューションの詳細についてお知りになりたい場合は、下記のフォームをご記入ください。ワールド・クウリアーのチームメンバーからご連絡いたします。

臨床試験を行っているほとんどのスポンサーや医師にとって、患者の募集と保持は大きな課題です。治験に参加するために、患者はしばしば、都合の悪い時間帯に長距離を移動して治療や重要な処置を受けなければなりません。これは、患者にとって頭痛や不満の種となります。

しかし今後は、Medical Research Network(MRN)とワールド・クウリアーの革新的な新しいパートナーシップによって、このような問題は過去のものとなるでしょう。在宅治験の革新者としてのMRNの専門知識と専門ロジスティクスのグローバルリーダーとして評判が高いワールド・クウリアーの技術があれば、臨床試験研究者は、治験のための資格ある患者の選定と保持を効率化する方法を手にすることができます。

経験豊富な訪問看護師および治験医薬品(IMP)を患者の自宅に送ることにより、患者の負担が最小限に抑えられるため、混乱が少ないスムーズな治験が可能になります。


MRNは、そのグローバルな看護ネットワークを通じて以下のサービスを提供します。

  • 在宅臨床試験環境に関する多くの経験と深い理解により、世界37か国にわたる在宅臨床試験訪問を管理
  • 静脈内注入、皮下注射、経口投与を含むがこれらに限定されない患者の治療を実施
  • 採血、薬力学的および薬物動態学的サンプリング、生体情報、ECG、有害事象の監視などの重要な処置を患者の自宅で実施

一方、ワールド・クウリアーには次の責任があります。

  • 規制要件を把握し、治験製品の輸送、調剤、保管における品質とアカウンタビリティを改善するための統合サプライチェーンを管理する
  • 患者および看護師の在・不在に合わせて医薬品の到着をコントロールするために、一定の時間枠内での配送を調整し、患者エクスペリエンス全体を改善する
  • 不便を緩和し、検査や治療のための来院に伴う不便やコスト、時間を削減することによって、患者にとって負担が少なく予測性の高い治験を可能にする


また、このパートナーシップによって、ワールド・クウリアーの親会社であるAmerisourceBergenの広範なリソース(RFID対応医薬品保管システム、MyCubixx)を利用できるようになり、特定のグローバル市場における特殊医薬品の調剤が実現します。

両社の長所が組み合わさることで、新しいテクノロジーの開発と連動しながら医療市場が急速に前進して拡大し、患者と研究者の両方に同等のメリットをもたらします。

詳細については、「エグゼクティブブリーフ」をご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software