「環境に優しいこと」にどのようなメリットがあるか?

サステナビリティに対する努力によって、サプライチェーンがさらに向上します。

「環境に優しい」は、単なる決まり文句から、企業経営する上での常識に変化しつつあります。世界中の会社が、環境だけでなく、会社がサービスを提供するお客様にも有益なサステナビリティに多大な投資を行い続けています。環境に優しいということは、専門ロジスティクスにとってどんな意味があるのでしょうか。また、なぜこれがサプライチェーンにとって重要なのでしょうか。ワールド・クウリアーでは、環境に優しい革新に関して、荷送り人が尋ねる最も重要な質問をいくつか探ってみました。


どの程度優しければ環境に優しいのか?

サステナビリティについて、専門ロジスティクスパートナーをどのように評価しますか。複雑ですが、ロジスティクス業者の自社評価のほか、ご自身の基準を考慮してください。ワールド・クウリアーでは、しばしば、お客様が独自の環境宣言を提供していることに気が付きます。弊社独自の厳しい方針により適合可能となれば、それは弊社の誇りとなります。しかし、ロジスティクスパートナーを選択する場合に荷送り人が注目する可能性がある分野がいくつかあります。

  • 世界規模。世界中で一貫した経営を行うことは、複雑でありながらも、世界的な製品開発の時代において重要なことです。最も厳格な環境基準を維持することによって、世界中に存在するだけでなく、地域の規制を理解して実行する専門性と能力を有するロジスティクスパートナーに頼ることができます。
  • 認可。輸送パートナーは、どのような基準に沿って経営していますか。現在の世界環境基準はISO 14001で、効果的な環境方針を設定する企業の基盤となっています。認可には、現地事業所における順守の確認だけでなく、ロジスティクスネットワーク全体の評価を行うために、環境マニュアルの順守を評価することで行われる年次監査が必要です。ISO 14001環境マニュアルの順守は義務です。順守していない会社は、毎年再認可を受けられない恐れがあります。
  • 評価可能な努力。また、ISO 14001認可には、毎年会社が特定の環境イニシアチブを評価する動的コンポーネントが含まれています。ロジスティクス業者は、年1回評価するものを判断します。また、イニシアチブには、紙ごみの削減やプリンタのカートリッジ廃棄から、バッテリーの再利用まで、すべてが含まれます。毎年、新たに注目することがありますが、輸送の世界でわかっていることは、簡単に変更できないことがあるということです。このISO 14001のコンポーネントの下、マニュアルには、会社が調査したことを示す必要のある特定の意向が定義されています。たとえば、ワールド・クウリアーでは、手書きの紙の書類から電子システムに移行することで、経営上および環境上の大きなメリットがありました。それは、最も優れた専門ロジスティクス会社が、世界規模の事業展開を利用して環境倫理(おそらくは新しい考え方も)における革新を世界中の国へもたらすことを可能にするイニシアチブです。
  • 的確な判断。サステナビリティが主に会社の二酸化炭素排出量の削減により推し進められてことは、よく知られています。また、輸送業者にとって、燃料消費はおそらく、「環境に優しい」イニシアチブの最大の課題でしょう。空輸は本来、大陸間で時間と温度の制約がある製品を輸送する場合に、荷送り人が克服できないと思われる環境に負担をかけます。ロジスティクス業者が過剰な廃棄物に気を配っていることは、どうすればわかりますか。ヨーロッパのワールド・クウリアー・グラウンドのようなソリューションにより、荷送り人は、ヨーロッパ本土や地域での空輸を削減することができます。これらの会社は、最も厳しいEU規制と排出基準を順守する、質の高い温度管理車両を使用しています。また、車両は、適格認定を受け、何も積まずに戻ってくることが少なくなるように監視できます。車両が新しい輸送で利用可能になると、再度荷物を積める場所のうち一番近い場所に送ることができます。そして、その車両は次の輸送のために満積載となり、燃料は意識的に消費されます。


パッケージングについてはどうでしょうか。

たいていの会社が環境保護について考え始めると、真っ先に思い浮かぶのはボックスです。また、サステナビリティにより、パッケージングにおいて重大な革新がもたらされました。パッケージングの変更によって、コストも節約することになります。実際、業界に最大の影響を与えた変更の1つは、軽量化されたボックスとパッケージング材料です。材料の軽量化によって、廃棄物が削減されるだけでなく、輸送料金が安くなります。そして、温度管理により、会社が材料とパッケージの軽量化のために実際にできることが制限される場合もある一方で、多用途のパッケージングオプションは広く使用されるようになっています。

世界中で、ワールド・クウリアー事業所は現地の専門知識を活用して、材料が国際規格に完全に準じ、世界規模のネットワーク内で管理されていることを確認しています。つまり、多用途ソリューションでは、発送地に戻る必要がなく、さらにコスト削減をもたらします。

加えて、パッケージングイノベーターは、厳格かつより軽量の単一用途ソリューションの利点を活用するべく取り組んでいます。最も革新的で環境に優しいソリューションは、積荷重量および温度管理機能の両方における測定基準を改善するために他の材料や設計の発展を利用する一方で、単一用途の小型コンポーネントのみを装備している場合があります。


倫理と価値はどのような関連があるのか?

臨床試験を実施している製薬メーカー向けの、患者の気持ちを理解したサプライチェーンソリューションを提供する会社は、責任ある経営の重要性を認識しています。非常に多くの貨物が患者の生命に影響を及ぼしている状況で、信頼されている輸送業者は、安全で効果的な製品やサンプルの提供に対する荷送り人の倫理的義務に沿った経営要件の任務を負うことが習慣になっています。専門ロジスティクスパートナーの価値は、人的要因に占められていますが、ますます、世界規模で人間を保護することにより、サステナビリティはどのパートナーにも高価値属性となっていきます。


サステナビリティと専門輸送は密接に関連しているか?

一言でいえば、そうです。サステナビリティは、どの会社にとっても、品質と社会的責任の評価基準になってきています。また、質(時間制約や温度管理を必要とする製品を最も効率的かつ効果的に移動する完璧な業務へのコミットメント)が伴わなければ、専門輸送の「専門性」の部分は存在しないと、論理的に主張する人もいるでしょう。

さらに、質が価値とコストの交点であるなら、コスト効率の観点からサステナビリティを考えると、環境に優しい取り組みは専門輸送にとって重要なことです。環境に優しいことが確かに倫理にかなっている一方で、輸送分野において責任をもって経営しないことに伴う最終的な損失も考慮する必要があります。サプライチェーンにおける無駄の多い経営(過剰な電力消費、パッケージングの無駄と燃料の非効率性)とは、総コストが高額であったり、質の評価が低下するということです。


どうすればいいか?

「環境に優しい」というアイディアが新聞の見出しになったり、それを人々が考えるようになったりしていることは明らかです。簡単に言えば、輸送業界は環境への配慮をもう無視することはできません。先見性のある輸送業者は、競争と規制の進展の両方において、常に一歩先を行くことでしょう。自発的に監視および革新し、次にどうすればいいか指示を待つことはしません。また、地球に優しい取り組みの未来に目を向けることは、世界中の企業にとって互いに有利となるのです。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software